ページトップへ
イメージ イメージ

「健康経営」に取り組む
当社体制について

経営者自ら健康経営にコミットし従業員の健康増進に取り組みます。

・代表取締役社長を健康経営推進の責任者として健康経営を推進します。
・健康増進事業の進捗を経営会議に適宜報告し必要な対策の検討と改善を行います。

「健康増進事業」

1. 健康管理の充実

自らが健康に関心を持ち、健康増進、生活習慣病の予防対策を進めるサポートをします。

2. 長時間労働抑制

IT・システム化の推進にて業務効率化を図るなど従業員の長時間労働防止策を講じます。

3. メンタルヘルス対策

ストレスチェックの結果を生かして、メンタル不調の改善を早期に促します。

4. 禁煙、受動喫煙防止への取り組み

禁煙への啓蒙活動を継続的に行いながら、禁煙希望者には禁煙治療の支援や、
社内喫煙スペースを減らすなど従業員の健康に寄与できるよう取り組んでいきます。

5. 食生活の改善

従業員食堂から健康情報を発信します。
生活習慣病予防のために、適正なカロリー、減塩、栄養のバランスが摂れたメニューの提供を行います。