リーガロイヤルホテル(大阪)

MENU

会員のご案内 ご予約 アクセス ページトップへ

リーガロイヤルホテルグループをお得・便利にご利用いただくための、各種会員サービスをご用意しております。

ご宿泊をはじめ、レストラン、宴会・会議、
ウエディングフェアなどをご予約いただけます。

チェックイン
 〜
チェックアウト

WEB会員ログイン

宿泊予約専用フリーダイヤル: 0120-116180

月~金 / 9:00~18:00 土・日・祝日 / 10:00~16:00

ご利用レストラン

※個室のご予約、またはご予約の確認・キャンセルはお電話でご連絡ください。

ご来館予約、フェアお申込みのお客さま

来館予約・お問い合わせ: (06)6448-2679

電話受付時間 10:00~19:00

宴会・会議のご予約、ご相談、お問い合わせ

宴会予約課: (06)6448-0361

電話受付時間 10:00~18:00

閉じる
日程選択
完了
チェックイン
日にちを選択してください
チェックアウト
日にちを選択してください

1階メインロビーが
新しくなりました

メインロビー

2019年6月7日(金) お披露目

正面玄関からロビーに足を踏み入れた瞬間、鮮やかなオレンジ色に大柄でカラフルな紅葉が流れる緞通だんつうが目を引きます。
1973年の新館(現タワーウイング)開業時より2007年までメインロビーに敷かれていた緞通を、現代のクリエイターがリデザインしました。
華やかに生まれ変わったメインロビーをご覧ください。

緞通とは … 製織に多くの時間を要する、重厚な絨毯のこと。

梅若 実玄祥氏によるお祝いの謡

メインロビー
リニューアル記念

6月10日(月)、能楽シテ方 観世流
重要無形文化財各個認定(人間国宝)
梅若 実玄祥氏によるお祝いの謡が披露されました。

ロビー改装に込めた思い

来年1月に創業85周年を迎えるリーガロイヤルホテルには、
建築当時より先人たちの思いが込められた“宝物”が数多くあります。

メインロビーの緞通もそのひとつ。
日本を代表する建築家・吉田五十八氏は1973年の新館建築時に、
大緞通「万葉の錦」、藤原時代(平安時代中後期)の織物にみられる鳥模様が金蒔絵でほどこされた柱、
平安時代の絵巻物にみられる曲水のせせらぎが流れるメインラウンジなど、
日本の伝統美を散りばめた空間をつくりあげました。

2007年からは草原をイメージした緑の緞通に変わっていましたが、
ホテルの歴史をひも解くなかで、新館建築当時の「万葉の錦」からメインラウンジまで続く空間は
時代が巡っても色あせない、歴史的価値のあるものとして、今回の改装に至りました。

ホテルの顔であるメインロビーから、
リーガロイヤルホテルならではの魅力を発信してまいります。

改装に至るまで

色の検討

当時の色を再現するため、1973年当時使用された糸サンプルと600色の糸サンプルを比較しながら色の組み合わせを検討。

制作風景

紅葉を大柄にアレンジすることで、
細かな鳥模様を描いた柱とのコントラストが
生まれそれぞれが引き立て合うサイズに。
紅葉柄のサイズは1973年当時の
約2倍の大きさとなりました。
不思議なスケール感を体感ください。

制作風景

緞通の製作は、山形県の「オリエンタルカーペット株式会社」に依頼。「足もとからのおもてなし」をコンセプトに、職人ひとりひとりの手によって丁寧に作り上げられた緞通で、ふんわりとやさしく足もとを支えます。
実は、1973年新館開業時の緞通も同社が製作。
時を超えて、再びよみがえる緞通にはそんなドラマもあるのです。

2020年1月に創業85周年を迎える
リーガロイヤルホテルは
「伝統と革新」をテーマに、
今後もさまざまな取り組みを展開してまいります。

リーガロイヤルホテル(大阪)公式SNS

ページトップへ